ギタリストが知っておくべき用語をすべてカバー! Go!Go! 音楽用語辞典 第10回 ま・み・む・め・も【Go!Go! GUITAR プレイバック】

 

日本語や英語、はたまたイタリア、ドイツ、ラテン語まで入り交じっている音楽用語。本来の意味や語源を知ることで君たちの音楽人生はより豊かになる! これは、ギタリスト、バンドマン目線で書き下ろした至極の音楽用語辞典である!


解説/平川理雄

ま行

マイキング
マイナーコード
マイナースケール
マイナーセブンスコード
マイナーセブンフラットファイブ
マスタリング
マーチ
マルチエフェクター

 


ミキサー
ミクソリディアンスケール
MIDI
ミュート

 


無調(性)

 


メイプル
メジャーコード
メジャーセブンスコード
メジャースケール
メゾピアノ
メゾフォルテ
メドレー
メロディー

 


モード
モニター
モノラル

 


 


 

マイキング

 用語   録音・PA・ステージ 
 

マイクを設置すること。アコースティックギターやギターアンプへの適切なマイキングにはエンジニアの知識や経験が必要とされる。

 

マイナーコード

 音楽用語   コード・スケール 
 

短三和音。「ルート/短3度/完全5度」による3声和音。マイナーセブンスやマイナーセブンフラットファイブなど、短3度を持つ4声和音もマイナーコード、あるいは「マイナー系コード」と認識される。

Go!Go! 音楽用語辞典_01

 

マイナースケール

 音楽用語   コード・スケール 
 

短音階。ナチュラルマイナースケール、ハーモニックマイナースケール、メロディックマイナースケールの3種がある。

👉短音階

 

マイナーセブンスコード

 音楽用語   コード・スケール 
 

マイナーコードに短7度を加えた4声和音「ルート/短3度/完全5度/短7度」。

Go!Go! 音楽用語辞典_02

 

マイナーセブンフラットファイブ

 音楽用語   コード・スケール 

マイナーセブンスコードの完全5度を半音下げた4声和音「ルート/短3度/減5度/短7度」。ハーフディミニッシュトセブンスと同じ。

👉ハーフディミニッシュトセブンス

Go!Go! 音楽用語辞典_03

 

マスタリング

 用語   録音・PA・ステージ 
 

トラックダウンでステレオ2トラック化された音源に、最終的な音質や音量の補正を施してマスター音源を作ること。アルバムなど複数の楽曲をマスタリングする際には、曲間の秒数もここで決められる。

👉トラックダウン

 

マーチ

 音楽用語   楽曲 
 

行進曲。スネアドラムを中心とした2拍子または4拍子の反復リズムが特徴。テンポは行進に適したBPM=120前後。

 

マルチエフェクター

 ギター   エフェクター 
 

複数のエフェクターが1つの筐体に収まっている装置。個別のエフェクターをパッチケーブルで連結すると多くの接点を経て音質も徐々に劣化してしまうが、マルチエフェクターであればノイズや接点トラブルにも強いだけでなく、可搬性のメリットもある。ただしすべてのエフェクターが同一メーカーに統一されてしまうというデメリットもある。​​​​​​​

 


 

ミキサー

 機材   録音・PA・ステージ 
 

PAやレコーディングにおいて、複数の楽器やマイクからの信号を混合させ、各々のボリューム、パン、EQ、外部エフェクターの量などを一括して操作する機械。

 

ミクソリディアンスケール

 音楽用語   コード・スケール 
 

グラレアヌスがその著「ドデカコルドン」で主張した教会旋法のひとつ 。「完全1度 、長2度 、長3度 、完全4度 、完全5度 、長6度 、短7度」の7音で構成され、特性音は第7音。

👉教会旋法(チャーチモード)
 

Go!Go! 音楽用語辞典_04

 

MIDI

 機材   エフェクター   録音・PA・ステージ 
 

コンピューター、シンセサイザー、サンプラー、エフェクターなどの情報を相互に伝達するために決められたデータ転送規格。Musical Instrument Digital Interfaceの略。ギターでラック式のマルチエフェクターを使用する際、フットコントローラーをMIDIケーブルで接続する場合がある。

👉DAW(ディーエーダブリュー)DTM(ディーティーエム)

 

ミュート

 ギター   奏法 
 

ギター奏法においては、右手や左手を弦に触れさせ、半鳴りの状態にして弾く奏法。右手をブリッジ上に当てたものは特にブリッジミュート(パームミュート)と呼ばれる。Mと略記。

👉空ピックブラッシング

Go!Go! 音楽用語辞典_05

 


 

無調(性)

 音楽用語   理論・作編曲 
 

中心となる主音を持たず調性が不在となっている状態で、トニック、サブドミナント、ドミナントといった機能も働かない。このような楽曲を無調音楽と呼び、19世紀末に発展した。

👉キー調

 


 

メイプル

 ギター   素材 
 

カエデ科の落葉広葉樹。多くの場合乳白色。比較的硬質で、ギターのネック材や指板材をはじめ多くの楽器用木材として使用される。美しい模様を持つものも多く、その木目を活かしたボディトップ材としてキルティッドメイプル、スポルティッド〜、バーズアイ〜などがある。

 

メジャーコード

 音楽用語   コード・スケール 
 

長三和音。「ルート/長3度/完全5度」による3声和音。メジャーセブンスコードやセブンスコード等、長3度を持つ4声和音もメジャーコード、あるいは「メジャー系コード」と認識される。
 

Go!Go! 音楽用語辞典_06

 

メジャーセブンスコード

 音楽用語   コード・スケール 
 

メジャーコードに長7度を加えた4声和音「ルート/長3度/完全5度/長7度」。

Go!Go! 音楽用語辞典_07

 

メジャースケール

 音楽用語   コード・スケール 
 

長音階。「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ」はCメジャースケールと呼ぶ。

 

メゾピアノ

 音楽用語   強調 
 

少し弱く弾くという意味。「mp」と略記。

👉強弱記号ピアノピアニッシモ

 

メゾフォルテ

 音楽用語   強調 
 

少し強く弾くという意味。「mf」と略記。

👉強弱記号フォルテフォルティッシモ​​​​

 

メドレー

 音楽用語   理論・作編曲 
 

様々な旋律をつなぎ合わせて1曲にまとめたもの。

 

メロディー

 音楽用語   理論・作編曲 
 

旋律。高さや長さの異なるメロディーノート(旋律音)とその流れであるメロディーライン(旋律線)が、リズムやハーモニーと相互に影しあって楽曲が形作られる。

👉オブリガート

 


 

モード

 音楽用語   コード・スケール 
 

①西洋音楽における教会旋法(チャーチモード)の総称。
②日本の雅楽やインドのラーガなど、多くの民族音楽で使用されている、非西洋音楽的な旋法。
③ジャズにおいて、コード進行にとらわれずに自由にアドリブ・ソロを取るための楽曲様式。マイルス・デイヴィスらが提唱した。この場合、一般的な西洋音楽ではアボイドノートとされる音も特性音として使用することができる。

👉教会旋法(チャーチモード)

 

モニター

 機材   録音・PA・ステージ 
 

ステージ上の演奏者が聴くためのスピーカー。客席側に送られる各楽器の音量バランスとは別のバランスを取ることができる。足元に置かれたモニターは通称「コロガシ」と呼ぶ。

 

モノラル

 用語   録音・PA・ステージ 
 

単一定位の音響システム。ステレオ対応のエフェクターでも片チャンネル(多くの場合Lチャンネル)にだけ1本ケーブルを挿せばモノラルとして使用できる。

👉ステレオ

 

 TOPへ 


(Go!Go! GUITAR 2015年11月号に掲載した内容を再編集したものです)

 


 

Edit:溝口元海