【イントロマエストロ藤田太郎が厳選】神イントロソング 年別TOP10 ~2012年編~


ある編曲家は言いました。「編曲(アレンジ)」は、良いイントロができたらほぼ完成。それが、できるかできないかで大きく違ってくる。
名曲には、すべて良いイントロあり!そんな素敵な「神イントロ」からはじまる曲を、bayfm「9の音枠」水曜DJを担当し、クイズルーム「ソーダライト」のイントロクイズでお馴染みのイントロマエストロ藤田太郎が、経験と知識を駆使し当時の音楽トレンドや背景なども含め、リリースされた年でくくった独自のランキングを決定。そのTOP10を紹介していきます。

第23回目の今回、フォーカスするのは「2012年」

 

墨田区に東京スカイツリー、そして渋谷駅東口に駅直結の複合商業施設「渋谷ヒカリエ」が開業と、東京に新しいシンボルが誕生するなか、第30回『夏季五輪』ロンドン大会が開催され、日本は2004年のアテネ大会の37個を上回る、史上最多38個のメダルを獲得し、レスリングの吉田沙保里が国民栄誉賞を受賞。ノーベル生理学・医学賞を京都大学教授・山中伸弥が受賞し“分裂増殖を経ても、それを維持できる自己複製能をもたせた細胞”を「iPS細胞(人工多能性幹細胞)」と命名。お笑い芸人・スギちゃんがブレイクした決め台詞“ワイルドだろぉ”とともに新語・流行語大賞にノミネートされた年でした。そんな2012年という時代にヒットした音楽はどんな曲だったのか。厳選した「神イントロ」という切り口で、それまでとは違う楽曲の楽しみ方を見つけてくれたらうれしいです。それでは、カウントダウン!

 

神イントロソング_第10位
 

第10位:「チャンカパーナ」NEWS
発売日:2012年7月18日
編曲:CHOKKAKU
イントロ秒数:24秒

10位は、アイドルグループNEWS、14枚目のシングル「チャンカパーナ」。
“愛しい人”という意味の造語で、エキゾチックな女性の名前のようなワードをタイトルにしたこの曲のイントロは、エキゾチックなディスコサウンドがキラキラと輝くように響き、駆け抜けていくアッパーなダンスナンバー! メンバーはもちろん、ファンも巻き込み、みんなで歌って盛り上がれるサウンドからスタートするのは、この曲からNEWSのメンバーが、小山慶一郎、加藤シゲアキ、手越祐也、増田貴久の4人態勢となり、心機一転という気持ちの変化もあったのではないでしょうか。90年代からSMAPの「$10」、「青いイナズマ」や、V6の「愛なんだ」といったナンバーで、間違いない実績を創り上げてきた編曲家・CHOKKAKUが手掛けたこの曲から、2012年神イントロソング紹介、スタートです!

 

神イントロソング_第9位
 

第9位:「制服のマネキン」乃木坂46
発売日:2012年12月19日
編曲:百石元
イントロ秒数:16秒

mysound_btn_470×58.png

9位は、乃木坂46、4枚目のシングル「制服のマネキン」。
AKB48の公式ライバルとしてデビューしたグループ。デビュー曲「ぐるぐるカーテン」から「おいでシャンプー」、「走れ!Bicycle」の3枚目までのシングルでは、フレンチポップス的なアプローチの爽やかなアイドルソングを連続でリリースしてきましたが「制服のマネキン」はイントロから青い炎が華麗に且つ、クールに燃えさかるようなエレクトロ・サウンドを響かせ、サウンド面からも、グループが新しいステージへと向かって行く感じが伝わってくる意欲作。このアプローチは、作曲を担当した杉山勝彦が提案したのですが、その後のシングルは、この路線に進まなかったことが、逆にグループの幅を広げたのかもしれません。「できないんじゃない やってないだけさ」と歌い、未来の扉を開いていく歌詞を、感傷的なサウンドでアレンジしたこの曲は、令和の時代もトップアイドルとして第一線で活躍を続ける乃木坂46のレパートリーの中で異質な存在かもしれませんが、神イントロTOP10のランクインに異論はないと思います。スタイリッシュな神イントロ、素敵です!

 

神イントロソング_第8位
 

第8位:「CANDY CANDY」きゃりーぱみゅぱみゅ
発売日:2012年4月4日
編曲:中田ヤスタカ
イントロ秒数:28秒

mysound_btn_470×58.png


日本の音楽シーンに、きゃりーぱみゅぱみゅが登場したときの衝撃を、私はこれからもずっと忘れないでしょう。ファンシーで少しグロテスクなビジュアルに、中田ヤスタカのエレクトロなサウンドが、キュートでドリーミーなポップ感を強烈に印象付けるそのスタイルはセンセーショナルで、日本はもちろん、海外でも注目を集めるのに多くの時間はかかりませんでした。デビューシングル「つけまつける」のイントロも素晴らしいですがTOP10にセレクトしたのは「CANDY CANDY」。ミュージックビデオでは、往年の音楽番組『ザ・ベストテン』を彷彿とさせる歌番組のオマージュと、食パンを咥えながら住宅街を全力疾走していくという、ベタな「遅刻」をイメージさせるシーンを登場させ、穏やかな雰囲気の打ち込みでスタートするこの一曲で、古き良き“昭和”の奥ゆかしさを、最先端の感覚でアップデート。日本のヒットソングへのリスペクトと継承を、しっかりとイントロに盛り込んでいると感じるのは、私だけではないでしょう。

 

ranking_7th.png神イントロソング_第7位
 

第7位:「サラバ、愛しき悲しみたちよ」ももいろクローバーZ
発売日:2012年11月21日
編曲:布袋寅泰
イントロ秒数:23秒

mysound_btn_470×58.png

7位は、北川景子が主演を務め、日本テレビ系列で放送されたドラマ『悪夢ちゃん』の主題歌に起用された「サラバ、愛しき悲しみたちよ」。
作曲と編曲を手掛けたのは、1993年に「さらば青春の光」というタイトルのシングルをリリースしている布袋寅泰。オファーを受けた当初、ももいろクローバーZのことをよく知らなかったため、一度断ったそうです。知り合いのクリス・ペプラーから「絶対にオファーを受けるべき。ももクロは、ただのアイドルじゃなくて、すごくロック!」と熱く語られたことがきっかけでオファーを受け、激しいギターがイントロからミステリアスで華々しく轟くロックサウンドを完成させました。何するのかわからない神出鬼没なスタイルを貫く、ももクロの世界観と抜群の相性で、令和の時代もライブで披露されることが多く、ステージに彩りを加え続けています!

 

神イントロソング_第6位

 

第6位:「愛、テキサス」山下智久
発売日:2012年2月29日
編曲:やくしまるえつこ、永井聖一
イントロ秒数:15秒

6位は、本人が主演と務め、TBS系列で放送されたドラマ『最高の人生の終り方~エンディングプランナー~』の主題歌に起用された「愛、テキサス」。
ロックバンド、相対性理論のメンバーが編曲を手掛けたこの曲のイントロは、ポップでトリッキーなギターが響く、中毒性の高いサウンド。タイトルも含め、難解で且つ、不可思議な雰囲気が曲全体から滲み出ていますが、それが病みつきになるほど素晴らしい。山下智久本人も「今まであまり聴いた事のないようなパンチのある曲」と話すほどの怪曲。一度聴いたらもう虜ですが、そこには、人間の切ない悲哀と、生きていく喜びがしっかりと刻まれているので、少しの切なさを感じさせるのがニクイ。令和の時代に、もっと深く語る人が増えてほしい一曲です。

 

神イントロソング_第5位

 

第5位:「わたがし」back number
発売日:2012年7月18日
編曲:back number & soundbreakers
イントロ秒数:7秒​​​​​​​

mysound_btn_470×58.png

渡辺美里の「夏が来た!」、DREAMS COME TRUEの「あの夏の花火」、ジッタリン・ジン、Whiteberryの「夏祭り」、フジファブリック「若者のすべて」など、90年代以降“夏”の情景と“青春のほろ苦さ”を掛け合わせた甘酸っぱいラブソングが多くリリースされ、一つの人気テーマとして令和になった今も根強い人気をキープしています。「わたがし」は、そのテーマの新たなスタンダードになり得る1曲です。初めてデートに誘った夏祭りで、手を繋ぐことをどう切り出そうかと考えているもどかしい気持ちを、色んな妄想が膨らんでる表現で描いた歌詞を彩るイントロは、7秒の可愛らしい響きを残す鍵盤の音。この7秒だけで“甘酸っぱい”という言葉を的確に表現しているといっても過言ではありません。今年も、これからの夏も、このイントロは、さらに多くの人の青春の想い出として、響き続けていくことでしょう

 

神イントロソング_第4位

 

第4位:「さかさまの空」SMAP
発売日:2012年4月25日
編曲:菅野よう子
イントロ秒数:14秒

4位は、堀北真希が主演を務めたNHK連続テレビ小説『梅ちゃん先生』の主題歌に起用された「さかさまの空」。
作詞は、CHEMISTRYのデビュー曲「PIECES OF A DREAM」を手掛けた麻生哲朗、そして作曲と編曲は、AKINOの「創聖のアクエリオン」や、アニメ『マクロスF(フロンティア)』のテーマ曲に起用された、May'n/中島愛の「ライオン」、坂本真綾の「トライアングラー」を手掛けた、菅野よう子が担当したこの曲のイントロは、まさに真っ青な空が一面に広がるような爽快でポップなバンドサウンドではじまり、心のモヤモヤが開放されるように鍵盤の音が弾けるアレンジ。音のインパクトや、ダンスとの融合で魅せる楽曲が増えてきた時代に、音楽の素晴らしさを改めて感じさせてくれる神イントロです。大丈夫、私たちにはこの曲がある!

 

神イントロソング_第3位

 

第3位:「UZA」AKB48
発売日:2012年10月31日
編曲:井上ヨシマサ
イントロ秒数:46秒
 

mysound_btn_470×58.png


2009年リリースの「RIVER」で初のシングルチャート1位を獲得し、翌年リリースの「Beginner」で初のミリオンヒットを記録して以降、AKB48は2010年代、シングルをリリースすれば、チャートの上位に必ずランクインするグループとして君臨し続けました。握手券が欲しいファンがCDを複数枚購入する行動が物議を醸しながらも、記録を伸ばし続けるなかでリリースされた楽曲は、イントロからギターが晴れやかに響くアイドルポップス路線や、季節の変わり目を優雅に表現したピアノイントロの曲が多く、逆にそれがグループのスタイルを色濃く確立していきました。「UZA」は、そんなスタイルをすべて無かったことにするかのような、イントロから風格のあるエレクトロ・サウンドが40秒以上轟きまくるナンバー! 異彩を放つとは、この曲のことを指すといっても過言ではないほど、ダークな雰囲気で荒々しさを醸し出す新境地を開きました。センターを務めた大島優子と松井珠理奈の二人はもちろん、選抜メンバー全員が個性を表現しまくるこの曲、全然「ウザ」くない、最高!

 

神イントロソング_第2位

 

第2位:「夜の踊り子」サカナクション
発売日:2012年8月29日
編曲:サカナクション
イントロ秒数:15秒​​​​​​​

mysound_btn_470×58.png

2位は、学校法人モード学園のCMソングに起用された「夜の踊り子」。
CMでかかるサビは、曲の後半、2分以上経ったあとに登場し、ミュージックビデオは、派手な和装とメイクをしたメンバーが富士山の麓で演奏、人懐っこさを感じるコーラスワークなど、曲に関わる全てがつかみどころのない、ファニーな雰囲気で包まれているこの曲のイントロは、心地よい雨音を表現するように鍵盤の音が優麗に響く15秒。クラブミュージック好きを公言するバンドのフロントマン・山口一郎の愛が、見事にJ-POPに昇華されています。曲ラストの歌詞で繰り返されるフレーズ
「今泣いて何分か後に言う 今泣いて何年か後の自分 笑っていたいだろう」
は、2012年以降、ジャンルレスな音楽が浸透していく未来を予言していたと感じるのは私だけではないでしょう。この年、一番跳ねた神イントロです!

 

神イントロソング_第1位

 

第1位:「ワイルド アット ハート」嵐
発売日:2012年3月7日
編曲:Trevor Ingram
イントロ秒数:28秒​​​​​​​

mysound_btn_470×58.png

1位は、メンバーの松本潤が主演を務め、フジテレビ系で放送された月9ドラマ『ラッキーセブン』の主題歌に起用された「ワイルド アット ハート」。
ファンキーなギターカッティングから、ザ・ドリフターズの「ドリフの早口ことば」を彷彿とさせるダンサブルなアレンジへ進み、5人のソウルフルな「あ~」が重なっていくイントロの展開は、最高にハッピーでワイルド! ドラマ『ラッキーセブン』は、東京の北品川にある小さな探偵事務所を舞台に、事務所のメンバー7人が、チームワークで案件を解決していく姿を描く青春群像劇。
「一度きりの人生 転がるように 笑って泣いて生きてゆこうぜ Baby」
の歌い出しの歌詞は、ドラマの登場人物はもちろん、日常を過ごす私たちを鼓舞するメッセージとして響きます。コロナ禍に無観客ライブとして開催された『This is 嵐 LIVE 2020.12.31』では一曲目として披露されたこの曲。何が起こるか誰にも分からないことを目の当たりにし、乗り越えてきた私たちのとなりでずっと響き続けたこの曲を、2012年の1位とさせていただきます!

 

【2012年神イントロランキングの総評】

ファンキーなバンドサウンドやエレクトロなど、サウンドは異なりますが、ダンスしているシーンが想像できる楽曲がチャートの過半数を占める結果となりました。歌だけではなく、ダンスでも魅了するグループがヒットチャートを席捲していたことと密接に関係していますが、そのグループのキャリアを振り返っても、強いインパクトを残したと、語りつがれる曲が多かったのではないでしょうか。

 


 

【2012年イントロベスト25】

ランキングは25位まで決定したので、11位以下も下記に紹介します。
(藤田太郎調べ) 

 

ランキング1-10位ランキング11-20位

ランキング21-25位

 

さらに、YouTubeでイントロクイズとして楽しむことができます。

うたドン!【イントロクイズ】

 

 

【Profile】

藤田太郎

「30,000曲のイントロを0.1秒聴くだけでわかる男」イントロマエストロ。bayfm「9の音粋 」水曜日のラジオDJ、Tokyo FM『ももいろクローバーZのSUZUKI ハッピー・クローバー!』音楽コメンテーターを担当。フジテレビ『99人の壁』に出場し、ジャンル「90年代J-POP」でグランドスラム達成。日本初のクイズ専門店「ソーダライト」で毎月イントロクイズを出題中。

 

 

←前の話へ          次の話へ→

 


 

Text&ランキング:藤田太郎