YamahaギターLABO VOL.8 ほのかりん with LLX36C ARE【Go!Go! GUITAR プレイバック】


第一線で活躍するプロミュージシャンに、愛用するヤマハギターの魅力について語ってもらうコラム連載「YamahaギターLABO」。今回は、センチメンタルな歌詞と琴線に触れるメロディーが魅力のシンガーソングライター“ほのかりん”が登場。愛機について、ユーモア溢れる表現で紹介してくれました。

弾き心地も良かったし、音を鳴らした瞬間にこれだなって思ったんです

 

私が好きなアコースティックギターの音色は、素直な色を感じさせる音色。ちょっと“酸っぱい”印象の音はあまり好みじゃなくて。感覚的な表現なんですけど(笑)。LLX36C AREは酸っぱくなくて、コーヒーにミルクを混ぜたようなマイルドな音色。4本くらい試してみてLLX36C AREに決めたんですけど、まずはボディの形状が好きだったのと、ネック裏のサラサラとした塗装の手触りがすごく良くて。弾き心地も良かったし、音を鳴らした瞬間にこれだなって思ったんです。今まで使っていたアコギは借り物だったので、初めて自分のアコギを持てたからすごく楽しみ。ライブで使うのも楽しみですけど、家で曲作りするときにも使いたいですね。アコギって見た目も音もそうだけど温かい感じがするので、私のホームのような存在でいてくれたらいいですよね。

HONOKA's Yamaha Acoustic Guitar

 

ギター_650.jpg

▲ヤマハが独自に研究・開発した木材改質技術「A.R.E.」を採用。ピックアップ&プリアンプはシステム60Ⅱで、ブリッジ付近に仕込まれた3つのピックアップによって緻密な音作りが可能となっている。

 


 

【PROFILE】
ほのかりん/96年生まれ。モデル、女優として活動をする中、13年にガールズバンド“コムシコムサ”にギタリストとして参加。その後ソロとして活動をスタートさせ、17年、オーディション《ミスiD2018》でミスiD2018を受賞。同年9月、デジタルシングル「メロンソーダ」でソロデビューを果たす。
http://lynnhonoka.com

 

190206メインアー写_650.jpg

 

【RELEASE】
LATEST DIGITAL SINGLE
無粋なキス
¥250
フォーライフミュージックエンタテインメント
発売中

 

190206ジャケ写_s.jpg

 

(Go!Go! GUITAR 2018年2月号に掲載した内容を再編集したものです)

 


 

Edit:溝口元海