YamahaギターLABO VOL.17 瀬川あやか with LJ36 ARE【Go!Go! GUITAR プレイバック】


第一線で活躍するプロミュージシャンに、愛用するヤマハギターの魅力について語ってもらうコラム連載「YamahaギターLABO」。今回は午前中は都内の病院で看護師として勤務し、午後はアーティストとして活動をする異色の“二刀流”女性シンガーソングライター、瀬川あやかが登場。

温かみがあるけどすごくクールな印象でまさに“ひと弾き惚れ”でした(笑)

 

LJ36 AREは16年12月から使い始めました。弾いた瞬間に“私ってこんなに上手だっけ!?”と思うくらい音がキレイで、高音域も低音域もバランス良く鳴ってくれて、温かみがあるけどすごくクールな印象の音色。まさに“ひと弾き惚れ” でした(笑)。選ぶときにLLやLSといった他のシリーズも試したんですけど、サイズ感とフィット感が良くて、自信を持って弾けるかも?と思えるような出会いだったんです。ライブでもクリアに鳴ってくれて、弾き語りでもバンド編成でも音が抜けるのが気持ちいい。バンドサウンドに負けない存在感があります。まだまだ使いたてだけど、ヤマハギターは弾き手に寄り添ってくれる気がします。だから、私の良さをギターに引き出してもらって、私もLJ36 AREの良さを引き出せるようにもっと練習して、お互いのことを知りながら上手くなりたいと思います。

Segawa's Yamaha Acoustic Guitar

 

ギター_650.jpg

▲LJのミディアムジャンボボディは、座って演奏する際に快適なフィット感が得られるようデザインされた形状。幅広いダイナミックレンジを備え、リードからバッキングまで幅広く対応する。

 


 

【PROFILE】
せがわあやか/92年生まれ北海道出身。11年、看護師を目指し上京。15年の国家試験合格後、看護師をしながらアコギとキーボードでの弾き語りライブを行う。16年、シングル「夢日和」でメジャーデビュー。ライブ・イベント情報は公式サイトにて。 
https://aya-web.com

 

メイン_980.jpg

 

【RELEASE】
LATEST RELEASE
真っ白なジグソーパズル
Pinky Nuts record
配信中

 

ジャケ_500.jpg


(Go!Go! GUITAR 2017年3月号に掲載した内容を再編集したものです)

 


 

Edit:溝口元海