誰でも参加できるヤマハの楽器体験イベント「TOUCH & TRY」を120%楽しむ方法【第3回】文化放送ラジオYamaha presents「みゅ~ぱら」放送スタジオに潜入!


“音楽を奏でる喜びをもっと多くの人たちに感じてもらいたい”。そんな想いからヤマハが2012年に「はじめてさん」でスタートして、2015年より名称を新たに実施している楽器体験イベントが〈TOUCH & TRY〉だ。その魅力をお伝えするべく、全4回にわたり〈TOUCH & TRY〉特集をお届け! 第3回目は、俳優でサックスプレイヤーの武田真治さんとプロバイオリニストの岡部磨知さん、そして文化放送アナウンサーの砂山圭大郎さんが司会を務め、文化放送地上波にて毎週日曜午前11時から放送中の『楽器楽園~ガキパラ~』の人気コーナー『Yamaha presents みゅ~ぱら』に、吉本興業所属のロマンティック大好き芸人“西村ヒロチョ”がゲスト出演! 実力派プレイヤーとのセッションに戦々恐々の西村ヒロチョ。サックスプレイヤーとして、爪痕を残すことはできたのか…!? その模様をお届け!

第3回 「文化放送ラジオYamaha presents「みゅ〜ぱら」放送スタジオに潜入!」

9月某日、文化放送。『Yamaha presents みゅ~ぱら』の放送を前に、緊張のあまりソワソワしっぱなしの男がいた。そう、ロマンティック大好き芸人の西村ヒロチョである。7月28日、北海道の札幌文化芸術劇場 hitaru 3Fクリエイティブスタジオにて開催された〈TOUCH & TRY〉に参加し、音楽教員を目指していただけあって高い指導能力を発揮。子供から大人まで幅広い来場者に、音楽、そして楽器の楽しさを伝えた西村ヒロチョ。その日の夜の食事会にて、〈TOUCH & TRY〉のヤマハスタッフに率先して食事を取り分けた“ヨイショ戦法”も功を奏し(?)、『楽器楽園~ガキパラ~』内の人気コーナー『Yamaha presents みゅ~ぱら』へのゲストとして白羽の矢が立ったのであった。

フルート、サクソフォン、ベース、ピアノ、ギター、民族楽器など、約40種類の楽器を所有する生粋の楽器好きだが、ラジオ番組でのサクソフォン演奏は初めて。しかもそれが、武田真治さんと岡部磨知さんという名実ともに偉大な奏者との共演であれば、顔面蒼白になるのも無理はない。実は収録の数時間前、1人でカラオケボックスに2時間ほど入り、『Yamaha presents みゅ~ぱら』のためにみっちりコソ練を積んでいたヒロチョ。練習のし過ぎだろうか、やや疲労の色が浮かんでいる。

「完全にオーバーロードです。やってしまいました」

 

TOUCH&TRY(1)

 

そう言いながらもヤマハのサクソフォンを手に持ち、別室にてウォームアップを開始。具合のいいリード(震わせて音を出すためのアイテム)がなかなか見つからず四苦八苦していたが、ようやくしっくりくるリードを見つけると練習を開始。まだまだ体は硬いようだが、大丈夫だろうか…。

 

TOUCH&TRY(2)

TOUCH&TRY(3)

 

構成作家、出演者を交えての打ち合わせを終えると、いよいよ放送がスタート。

「どうも〜西村ヒロチョです! よろしくお願いします! 今日は僕が“ロマンティック”ということだけでも覚えて帰ってください。いやしかし、文化放送のスタジオちょっと照明がまぶしすぎませんかね? あ、すみません間違えました、まぶしいのは照明じゃなくて、みんなの笑顔でした。アオ!!!!!!!」

代名詞であるロマンティック挨拶を決めると、間髪入れずに鉄板ネタ“ロマンティックな駅のアナウンス”を披露して爆笑を誘う西村ヒロチョ。特に岡部さんは“ロマンティック!私の好きなタイプのお笑い!”といい感じにツボっているようだ。

 

TOUCH&TRY(4)

▲座席の向き的に、岡部さんの表情を捉えることはできなかった。

すかさず武田さんも「岡部さん、これロマンティックでコメディーだからね。今のを本当にロマンティック!と言っている岡部さん、私生活に何かあったんじゃないかなって心配になっちゃう(笑)」とツッコミ、スタジオは笑いに包まれる。そして、話題はヒロチョが手にしているサックスへ。

武田「ヒロチョさんはもうひとつ“◯◯芸人”という顔を持っているんですよね」

ヒロチョ「はい、実は僕は楽器大好き芸人なんです。自分で言うのもあれですけど、出るべくしてガキパラさんに呼んでいただいたのではないかと」

岡部「そうなんですね! 私、お笑い芸人さんが来てくれたのかと思いました」

ヒロチョ「一応、お笑いの人なんですけどね(笑)」

大学でサクソフォンを専攻し、武田さんを小さい頃からテレビで観てきたというヒロチョは、“ひとつ夢が叶いました”と感慨深げ。そのあと、話はヒロチョが所有している楽器の話へと移る。カホンやボンゴなどの打楽器、インディアンフルートや篠笛などの民族楽器をはじめ、豊富な楽器を所有していることを話すと、「難癖つけるわけじゃないけど、サックス以外は7,000円くらいで買えるんじゃないの(笑)?」と訝しがりながらも、「でもサックスは本物だよ、これは」と太鼓判。

 

TOUCH&TRY(5)

 

ヒロチョの経歴を聞く中で、大学時代に1年間ミュージカルを専攻していたことに食いついた武田さん(ヒロチョの衣装はミュージカルからの影響もあるそう)。“歌を聴きたい”という岡部さんの無茶振りから、急遽『オペラ座の怪人』の「オール・アイ・アスク・オブ・ユー」をアカペラで熱唱することに。歌い終えると、やっと“ロマンティック”であることを認められた様子(笑)。

そして、話は7月に北海道にて行われた〈TOUCH & TRY〉の話題に。

ヒロチョ「お子さんから大人の方まで来ていただいて。楽器って、練習すればそのぶん応えてくれるのが好きなところなんです。小さいお子さんも最初できないかな?って不安がっていたんですけど、音が出てニコって笑った瞬間に、すみません芸人なんですけど“天職だ”と思いました(笑)」

武田「芸人さんだから教え方が上手そうですよね」

岡部「乗せてくれそう!」

“楽器の魅力とは?”と武田さんに聞かれると、

ヒロチョ「芸人でこんなこと言うのもアレなんですけど、お笑いって練習したぶんだけ笑いが取れるかといったらそうでもなかったりするんです(笑)。でも、楽器は練習のぶんだけ応えてくれるし、決して裏切らない。自分の心が落ち込んでいるときは音色にも出てしまう、その素直さもすごく好きですね」

武田「自らを励ますこともあるしね」

ヒロチョ「そうですね。できないことができるようになるのがすごく好きで、岡部さんを目の前にこんなことを言うのもおこがましいんですけど、単独ライブで披露するためにバイオリンを30歳から独学で始めまして。すごく緊張してて、気がついたらスリッパのまま舞台に上がってて(笑)。だから、バイオリンを弾ける人ってすごいなって。言ってしまえば、右手と左手がバラバラだし不完全さがある楽器じゃないですか。でもその不完全さが、僕はすごく素敵だなって思います」

そして、ヒロチョから武田さんにどうしても伝えたいことがあるという。

ヒロチョ「以前、テレビのお仕事で武田真治さんのモノマネをしながらサックスを吹かせていただいたんです。おこがましいお願いかもしれないですけど、モノマネの公認をいただけたらと思いまして!」

神妙な面持ちの武田真治さんが口を開く。

武田「それはね…できない!」

岡部「えー! 何でー!?」

武田「なぜなら、サックスが上手い芸人枠は俺も必死に守りたいから(笑)。還暦までは譲れない(笑)!」

ただし、条件次第で公認するという。その条件とは。

武田「俺がヒロチョさんのモノマネをすることを公認してくれるのなら認めよう! あとは、会う度に僕の目の前でモノマネをしてくれたら(笑)」

ヒロチョ「いや、何ならあげますよ(笑)!」

 

TOUCH&TRY(6)

 

というわけで、晴れて本人に“武田真治さんのモノマネ”を公認してもらったヒロチョ。トークのあとは、西村ヒロチョが在籍する吉本芸人からなる塩顔男子エンタメバンド“SALTY's”の楽曲「ソルティードッグ」を3人でセッション! 力強く圧倒的な存在感を放つ武田さんの音色に負けじと、精一杯のパフォーマンスを見せるヒロチョ。そこに流麗なバイオリンの音色が加わると、まるで別の楽曲のような躍動が生まれる。

 

TOUCH&TRY(7)

TOUCH&TRY(8)

TOUCH&TRY(9)

 

ようやくヒロチョの緊張も解けて、すっかり意気投合したかのような3人。初対面でも、年齢や生い立ちが違っても、一気に距離を縮めてくれるのが音楽や楽器の魅力。改めてそんなことに気づかせてくれる濃密な時間だった。

9月28日(土)29日(日)の2日間、横浜のMARK ISみなとみらいにて開催される〈TOUCH & TRY〉に登場する西村ヒロチョ。この日の経験を糧に、さらに成長したデモンストレーションとステージを見せてくれることは間違いないだろう。参加無料なので、ぜひその雄姿を目撃しに会場に足を運んでほしい!

 


 

■イベント
ヤマハの楽器体験イベントTOUCH&TRY
【日時】9月28日(土)10:00~18:00 ※西村ヒロチョの出演&指導は16:00まで
9月29日(日)10:00~17:30
【場所】MARK IS みなとみらい1F グランドガレリア
【体験できる楽器】フルート、サクソフォン、Venova、トランペット、バイオリン、エレクトーン、ショルダーキーボード(sonogenic)
来場特典などもあります!

https://member1.jp.yamaha.com/event/detail/id=30966

 


 

Text:溝口元海

 

【関連記事】

TOUCH & TRY
誰でも参加できるヤマハの楽器体験イベント「TOUCH & TRY」を120%楽しむ方法【第1回 】TOUCH & TRYって何?

 

touch&try_980.jpg
誰でも参加できるヤマハの楽器体験イベント「TOUCH & TRY」を120%楽しむ方法【第2回】西村ヒロチョと行く!TOUCH & TRY北海道遠征

 

TOP_980.jpg
誰でも参加できるヤマハの楽器体験イベント「TOUCH & TRY」を120%楽しむ方法【第4回】西村ヒロチョと行く!TOUCH & TRY @横浜音祭り2019