YamahaギターLABO VOL.22 ダイスケ with LLX26C ARE【Go!Go! GUITAR プレイバック】


第一線で活躍するプロミュージシャンに、愛用するヤマハギターの魅力について語ってもらうコラム連載「YamahaギターLABO」。今回は、色彩豊かなアコースティックの音色と歌が魅力のシンガーソングライター、ダイスケが登場!

ラジオで弾き語りするときにも重宝しています

 

14年の夏から使い始めました。国産のギターは1本も持っていなかったので、興味があって。このモデルは、小さいのにめちゃくちゃ生音が鳴るんですよね。それまでヤマハのギターを触ったことがなかったから、わりと大人しいギターなのかなって勝手な先入観があったんですよ。でも、荒々しいゴツさもあれば繊細さもあって、むしろ一番バランスが良いかなって思っているぐらいです。
《音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2014》で初めて使ったんですけど、どんな曲にも合う気がしていて。バンドの中でもちゃんとアコギの音が聴こえてくるので、ステージに立っているときも、モニターからちゃんと音が出てくれるのが弾きやすいです。生音も好きで、ラジオでマイクを立てて弾き語りをするときにも重宝していますね。

Daisuke’s Yamaha Acoustic Guitar

 

ギター_650.jpg

▲ヤマハ独自の木材改質技術「A.R.E.」を採用。ノンスキャロップドXブレーシング、高い演奏性を実現する新しいネック形状など、音色や演奏性にこだわり尽くしたスペックを装備。オープンギアタイプのペグなど、ヴィンテージテイスト溢れる外観も魅力だ。

 


 

【PROFILE】
ダイスケ/88年、神奈川県出身。日本テレビ系『ZIP!』内コーナーZIP!スマイルキャラバンにレギュラー出演をし日本中を旅して廻る。11年、シングル「ボク☆ロケット」でメジャーデビュー。
http://www.daisuke-music.com

 

メイン_650.jpg

 

【RELEASE】
LATEST ALBUM
NOMAD
¥2,315+税
Epic Records
18年10月17日リリース

 

ジャケ.jpg

 

(Go!Go! GUITAR 2015年2月号に掲載した内容を再編集したものです)

 


 

Edit:溝口元海