YamahaギターLABO VOL.24 ステファニー with LL36 ARE【Go!Go! GUITAR プレイバック】


愛用するヤマハギターの魅力について語ってもらうコラム連載「YamahaギターLABO」。今回は、シンガーソングライターのステファニーが登場!

音の鳴りがキレイで、深みがあって弾き比べた中でもズバ抜けて良かったんです

 

LL36 AREを使い始めたのは16年の秋から。新たな挑戦としてギターを始めたいなと思って、ヤマハのアコギを何本か試奏したんです。ボディが薄くて小さいモデルもあったんですけど、ギター初心者で無知な私でも音の違いをすごく感じて。LL36 AREは音の鳴りがキレイで、深みがあって、弾き比べた中でもズバ抜けて良かったんです。実はヤマハのアコギを弾いたのは初めてで、今までは“ 生真面目” という勝手なイメージがあったんですけど、音がいいだけじゃなくて指板インレイや木製のバインディングなど、細部の装飾にもこだわっているからファッション志向の私でも好きになれました。ギターをやっている人に見せると、“ すごくいいギターだね!” って褒めてくれます。早く上達して、1人で弾き語りできるようになるのが今の目標ですね。

Stephanie’s Yamaha Acoustic Guitar

 

ギター_650.jpg

▲オリジナルのミディアムジャンボボディで、トップに「A.R.E.」を施したイングルマンスプルース単板、サイド&バックにインドローズ単板を採用。ネックはボリュートを施した5層構造となっている。

 


 

【PROFILE】
ステファニー/89年生まれ。幼少期より芸能界で活躍し、09年に2人組ユニット“LOVE”としてメジャーデビュー。第43回日本有線大賞新人賞を受賞。解散後はタレントやモデルとして多方面で活躍。16年12月、カバーミニアルバム『Aioto』でソロデビューを果たす。

 

メイン_980.jpg

 

【RELEASE】
LATEST MINI ALBUM
Aioto
¥2,130+税
テイチクエンタテインメント
発売中

 

ジャケ_500.jpg

 

(Go!Go! GUITAR 2017年4月号に掲載した内容を再編集したものです)

 


 

Edit:溝口元海