誰でも参加できるヤマハの楽器体験イベント「TOUCH & TRY」を120%楽しむ方法【第6回】西村ヒロチョと行く!TOUCH & TRY @銀座三越 冬の音楽祭


“音楽を奏でる喜びをもっと多くの人たちに感じてもらいたい”。そんな想いからヤマハが2012年に「はじめてさん」でスタートして、2015年より名称を新たに実施している参加無料の楽器体験イベントが〈TOUCH & TRY〉だ。その魅力をお伝えするべく〈TOUCH & TRY〉特集をお届け! 今回は2019年11月27日(水)〜12月3日(火)銀座三越にて行われた〈TOUCH & TRY〉から、吉本興業所属、楽器演奏大好き芸人の西村ヒロチョが出演した12月1日(日)の模様をお届け。

 

西村ヒロチョ、ヤマハミュージック 浜松店1日店長就任が決定!詳しくは記事の終わりにて

第6回 西村ヒロチョと行く!TOUCH & TRY @銀座三越 冬の音楽祭

 

今回の〈TOUCH & TRY〉の舞台は、クリスマスを目前に多くの客で賑わう銀座三越。2019年11月27日(水)〜12月3日(火)の期間中、『冬の音楽祭』と題したイベントが9階の銀座テラス/テラスコートにて開催。〈TOUCH & TRY〉やミュージシャンによる素敵なライブ、自由にピアノを演奏することができる『LovePiano』、ヤマハミュージックエンターテインメントが打ち出す“楽器擬人化”プロジェクト『MusiClavies』のキャラクター展示など、買い物に訪れたお客さんの心をほっこりさせるハートウォーミングな企画が満載だ。

 

TOUCH & TRY(1)

TOUCH & TRY(2)

TOUCH & TRY(3)

▲イベント期間中は、ギター/電子ドラム/ショルダーキーボードのsonogenic/サクソフォン/バイオリン/チェロ/フルートの無料体験が可能!
 

TOUCH & TRY(4)

▲“楽器擬人化”プロジェクト『MusiClavies』のキャラクター展示コーナー。“6人目のメンバー”という設定のポージングらしいが…。
 

TOUCH & TRY(5)

▲『LovePiano』では凄腕のピアニストたちが珠玉の演奏を。ペイントが施されたピアノも素敵!

 

さて、楽器体験イベント〈TOUCH & TRY〉の“盛り上げ役”として登場し、回を重ねるごとに今や本イベントの“サクソフォンデモンストレーター”にまで成長した楽器演奏大好き芸人の西村ヒロチョ。前回レポートした『浜松町ハーベストフェスタ-浜祭-』での〈TOUCH & TRY〉は、来場客へのサックスの指導と2回のネタ披露&ライブなど、ヒロチョへの要求が次第に高まっている感は否めないが(笑)、今回は何とサクソフォンではなくヴェノーヴァでのワークショップイベントを開催! グループでのワークショップは初めてということで、気合い充分の様子。
 

前回までのレポートはコチラ >>
 

TOUCH & TRY(6)

TOUCH & TRY(7)

▲9階の銀座テラス/テラスコート。一面の窓から差し込む陽の光、ピアノとクリスマスツリーが置かれたまさに上質な空間。

 

ちなみにヴェノーヴァとは、“誰でも手軽に本格的な演奏を”というコンセプトから誕生した、ヤマハ完全オリジナルの新しいカジュアル管楽器。軽くてコンパクト、指使いもシンプルなのに吹いてみるとまるでサクソフォンのような音色で、2017年の発売当初は予約が殺到して入手困難だったほど。キーFのアルトヴェノーヴァ(YVS-120)と、キーCのヴェノーヴァ(YVS-100)があるが、今回はヴェノーヴァを使用。

 

YVS-100.jpg

ヴェノーヴァ(YVS-100)

 

夕方4時。ワークショップは先着10名のみが参加できるということで満席の状態。一人ひとりにヴェノーヴァが渡され、最終的には「ハッピーバースデイトゥーユー」を全員で合奏するのを目標に、ヒロチョが‟構え方“から‟音の出し方”、‟指使い“までを丁寧に指導していく。ワークショップの参加者は10名だが、ふらりと立ち寄った子供連れの方、おじいちゃんおばあちゃん、カップルで、銀座テラス/テラスコートはあっという間に人だかりに。

 

TOUCH & TRY(8)

▲普段、ステージではネタを披露するヒロチョだが、この日はヴェノーヴァのワークショップのみということで、かなり緊張していたようだ。

 

まずは来場者にヴェノーヴァを吹いたことがある人を聞くヒロチョ。数人が手を挙げる中、ヴェノーヴァを所有しているという人を見つけると“ワークショップ、僕と代わりますか?”とすかさずボケて笑いを誘う。続いて、アルトヴェノーヴァとヴェノーヴァの解説では、魔女の宅急便「海の見える街」を披露して通行人のハートをがっちりとキャッチ。

「今日はみんなが知っていてすぐに弾ける曲を用意しました。それは『ハッピーバースデイトゥーユー』。今日も誰かの誕生日です。今も世界のどこかで新しい命が誕生しているので、ぜひみんなで吹きたいと思います」。念のため今日が誕生日の人を聞いてみると、何と幸運にも1人だけ今日誕生日の人が! みんなから拍手が送られ、会場は開始早々あたたかい雰囲気に。そして、ワークショップは持ち方と音の出し方からスタート。

「リコーダーは口にくわえるだけで音が出ますが、下にリードという小さい板があります。これはギターでいう弦ですね。この薄い板が振動することによって音が出ます。まずは下唇を巻き込む感じでくわえて、下の歯はリードに直接当たらないように下唇をかぶせます。マウスピースの先端から1センチくらいの位置に上の歯を当ててください。息を吹く強さは、1メートルくらい先にあるバースデイケーキのロウソクを消すようなイメージです」

 

TOUCH & TRY(10)

TOUCH & TRY(11)

▲次第に指導の説得力も増してきたヒロチョ。

 

早速みんなで音を出してみると、音量やピッチが不揃いではあるものの、ほとんどの人がしっかりと音を出せていた様子。

「曲を演奏するときに大事なこと、それは音を出すことと、出したい音を自分の好きなタイミングで出すこと。この2つができれば曲って吹けるんです。みなさん、第一関門の音を出すことはできました」

まずはソラシの運指を紹介。人差指・中指・薬指の3本で押さえる「ソ」から、薬指を離して「ラ」、さらに中指を離して「シ」と、指を離していくだけで3つの音を出すことができる。これだけで「メリーさんのひつじ」が弾けるようになるため、“楽器=難しい”というイメージを持っていた多くの人がポジティブな気持ちになれたことだろう。

「ハッピーバースデイトゥーユー」の指使いをひと通り紹介すると、個人練習タイムから質疑応答へ。さすが一時期は音楽の教員を目指していただけあり、限られた時間の中、しっかりと相手の目を見ながら優しく親切に指導するヒロチョ。これ、先生になっていたら絶対にラブレターとかバレンタインチョコもらってたやつや…。

 

TOUCH & TRY(12)

TOUCH & TRY(13)

TOUCH & TRY(14)

▲曇りのない眼差しがまぶしすぎる。

 

15分ほどの個人練習を経て、いよいよ10人による「ハッピーバースデイトゥーユー」の合奏! ヒロチョの手拍子に合わせながら、4つのセクションに分けてひとつずつ確実にクリアしていく。途中、初心者がつまづきがちなタンギング(音の区切れ目を付けて演奏するテクニック)についてもしっかりと解説。少しいびつで、決して流麗な合奏ではなくても、初めて10人の音色が重なった瞬間のみんなの表情はとてもはつらつとしていた。

 

TOUCH & TRY(15)

TOUCH & TRY(16)

TOUCH & TRY(17)

▲10人のヴェノーヴァで、とびきり大きな「ハッピーバースデイトゥーユー」を。

 

1時間以上にも及んだワークショップは無事に終了。今回はお笑い芸人としてのネタ披露が一切なかったため、本物のデモンストレーターと錯覚してしまう瞬間が何度もあったが(笑)、参加者もヒロチョ自身も忘れられないワークショップとなったことだろう。

「グループでのワークショップは初めてだったので緊張しました。ミュージカルの千秋楽の日と被っていたんですけど(笑)、ぜひやらせてくださいと終わってすぐに来ました。銀座のヤマハにはよく行っていましたけど、まさか三越に縁があるとは思わなかったですね。それも含めて本当にいい経験をさせてもらいました」

サクソフォン、ヴェノーヴァに続いて、他の楽器へのトライにも意欲的なようだ。

「今回はもはやネタすらやっていないですからね(笑)。ひょっとしたら今後、違う楽器もお願いしてもらえる可能性もあるかもしれないので…自宅にある他の楽器も常日頃から練習しておこうと思います。楽器を集めるのが好きなのですが、全然使っていない楽器もあるので、たまにはクローゼットから出して使ってやらないと拗ねちゃうかなと。占い師のゲッターズ飯田さんに占ってもらったら、家にガラクタが多いって言われたんですよ(笑)。ガラクタにはしたくないし、全部宝物なのでちゃんと吹けるようにしないと。

〈TOUCH & TRY〉の規模感もどんどん大きくなって嬉しいですね。自分がいろんな体験させていただくだけじゃなくて、お客さんの前でもっとパフォーマンスできるようにしていかないとなっていう気持ちはありますね。そうじゃないと、ただ楽しい思いをさせてもらっているだけなので。サクソフォン以外で経験したものも、トークなり別の楽器なり何かしら芸に昇華して〈TOUCH & TRY〉に還元できればと思っています」

 

TOUCH & TRY(18)

▲ワークショップ後、つかの間の演奏体験を楽しむヒロチョ。

 

TOUCH & TRY(19)

▲(ヤマハさんくれないかな…)。

 

TOUCH & TRY(20)

▲お客さんが叩くビートに合わせて、突如始まったデモンストレーターの方たちとのジャムセッション! ギターを弾くヒロチョはレア!

 


 

■イベント
爆笑楽器体験フェス2020~ヤマハの楽器体験イベント「TOUCH&TRY」~
楽器演奏大好き芸人の西村ヒロチョ氏がヤマハミュージック 浜松店の1日店長に!

楽器体験やミニライブ出演、店内のご案内などを行います。

【日時】 2020年2月1日(土)10:30~18:00
【場所】 ヤマハミュージック 浜松店
【体験できる楽器】サクソフォン、カジュアル管楽器「ヴェノーヴァ」、フルート、サイレントバイオリン、アコースティックギター、エレクトーン、電子ピアノ「クラビノーバ」

 ミニライブ(観覧無料) 
13:00/15:00/17:00に、1F ステージOneにて演奏いたします。ご自由にご覧いただけます。

 ロマンティックサイン会 
西村ヒロチョ氏所属の塩顔男子4人グループSALTY’sのCDを当日ご購入いただきますと先着でサイン会にご参加いただけます。
時間:15:30
会場:2F 楽譜・CD売場

詳細は、こちらをご覧ください。

https://www.yamahamusic.jp/shop/hamamatsu/event/touch-try.html

 

 


 

Text&Photo:溝口元海

 

【関連記事】

TOUCH & TRY
誰でも参加できるヤマハの楽器体験イベント「TOUCH & TRY」を120%楽しむ方法【第1回 】TOUCH & TRYって何?

 

touch&try_980.jpg
誰でも参加できるヤマハの楽器体験イベント「TOUCH & TRY」を120%楽しむ方法【第2回】西村ヒロチョと行く!TOUCH & TRY北海道遠征

 

TOP_980.jpg
誰でも参加できるヤマハの楽器体験イベント「TOUCH & TRY」を120%楽しむ方法【第3回】文化放送ラジオYamaha presents「みゅ~ぱら」放送スタジオに潜入!

 

TOP_980.jpg
誰でも参加できるヤマハの楽器体験イベント「TOUCH & TRY」を120%楽しむ方法【第4回】西村ヒロチョと行く!TOUCH & TRY @横浜音祭り2019

 

TOP_980.jpg
楽器演奏大好き芸人“西村ヒロチョ”が弾く!話題のYamahaキーボード4モデル

 

TOP_980.jpg
誰でも参加できるヤマハの楽器体験イベント「TOUCH & TRY」を120%楽しむ方法【第5回】西村ヒロチョと行く!TOUCH & TRY @浜松町ハーベストフェスタ-浜祭-