バンドしようぜ<第9話>「Dear Friends(2)」

 

ついに、中年コピーバンドのスタジオ練習に桜井仁美がやって来た——。対抗意識むき出しのボーカル・菊池ミキのピリつきとは裏腹に、ドラム・沢尻以外のおっさんメンバーは若干浮かれ気味で……!?

 

第9話 Dear Friends(2)

post00000030148.jpg


post00000030149.jpg


post00000030150.jpg 


post00000030151.jpg

 

post00000030152.jpg


post00000030153.jpg


post00000030154.jpg

 

post00000030155.jpg

 

ボーカル・ミキの十八番「フレンズ」(第6話参照)。Ahいつでもそんな中年の仲間たち スナックで泣いてばかりいちゃミキだってつまらない。バンドのレパートリーを増やしたいベース・土沼の前向きな提案は、かたくな過ぎるドラム・沢尻の態度を軟化させることが出来るのか!?
 

←前の話へ            次の話へ→

第1話から読む

 

<登場人物 プロフィール>


post00000027245.png

沢尻肇(ドラム)45歳 家電量販店勤務
高校生の時からコピーバンドを趣味で続けている。18歳の息子の竹夫は引きニートだが宅録が趣味。音楽の話をしようとすると煙たがられる。今のところ腕力では優勢。

 

post00000027246.png

菊池ミキ(ボーカル)39歳 理容師だったが今はスナック勤務
佐々木と付き合っていた過去がある。カッとしやすい性格。酒が入るとヒートアップしがち。

 

post00000027247.png

佐々木達郎(ギター)40歳 自動車整備工場勤務
7歳の娘がいるが別れて暮らしている。現在の彼女は、aiko系女子・よし子。

 

post00000027728.png

土沼孝之(ベース)44歳 高校の社会科教師
沢尻の高校の同級生で当時から一緒にバンドをしていた。
佐々木に車を直してもらった縁でバンドを始める。趣味はバス釣り。

 

post00000027249.png

桜井仁美 24歳 家電量販店勤務
一回り以上年の離れた上司、ドラム沢尻に好意を寄せている(すでに告白済み)。細身だがボイン。ピアノが上手く、バンド経験あり。

 

♪第9話の楽曲♪

PERSONZ/Dear Friends

mysoundで試聴